CT125(JA55)専用カムとは?

CT125(JA55)専用カムとは?

CT125(JA55)専用カムで販売しているオリジナルカムのコンセプトを紹介します。
カムの要素としては、①リフト量、②オーバーラップ、③ベースサークルの3要素になります。
要は空気を沢山吸い込んでしっかりと吐き出させる、そこに吸気と排気の干渉が絡んできます。
徒にリフト量が高いと吹抜けが発生して却って効率が低下しますし、バルブ開閉時のフリクションも馬鹿に出来ません。
8ftのオリジナルカムはそのリフト量・オーバーラップをCT125(JA55)専用にチューニングしています。
なので見かけのリフト量は少なくなっておりますが、ノーマルのエンジン回りにはこれがマッチングするんです。
ノーマルエンジンのレブリミットは8500rpmです。ここ迄の回転域でしっかりと仕事するような仕様です。
因みに他社製品にしても8500rpm以上でしっかりと仕事しているカムは非常に少ないです。
以前T社さんのN15を使用していましたが、チューニングが進むにつれて役不足が露呈しました。
8500rpm以上では燃料を絞る方向の燃調になっていました。
これをタイのメジャーなカムにしたところ、レブリミットである10500rpm迄しっかりと回るようになりました。
若しご要望がある場合は商品ラインナップに加えようと思います。

4ミニ空冷単気筒というシンプルな構成ですので比較的簡単にカスタムできるカムシャフト、
メーカー毎のコンセプトが見えて興味深いですね。
https://8ftweekend.com/products/fp-0010-ct125-exclusive-high-lift-camshaft-for-ct125